HOMEABOUTARCHIVESHOP
Offshore
independent music, art, books and designs from Asia
アジアのインディペンデントカルチャー、音楽、本、デザイン、アートなど

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

【Trip Report】北京で地下音楽が聴ける場所『School Bar(学校酒吧)』

北京で地下音楽を聴くならオススメしたい場所School Bar。

北京のアンダーグラウンド音楽を支えてきたライブハウス、D-22の閉店からもう2年ほど経ってしまったか。外壁はポスターだらけで、薄暗い店内の赤い壁にはそこから羽ばたいていった数々の中国バンドの写真が掲示してある。ジャンル問わず、ちょっとメインストリームから外れた音楽がほぼ毎夜鳴っていたD-22。しかし、そんなD-22閉店の感傷に浸らずとも、いくつかの小さなベニューが台頭し、北京の地下音楽はさらに前進しているらしい。その北京で重要なベニューの一つが、School Barこと学校酒吧。五道管胡同という通りに位置しており、地下鉄の安定門駅(2号線)、雍和宫駅(2号線/5号線)どちらからも歩いて5分ちょっと。雍和宫駅からだと、D出口を出てUターン、雍和宮大街を北に少し行くとCOSTA COFFEEがあるので、その角を左に曲がり、両側にカフェやバーの並ぶ通りをまっすぐ3分ほど歩くと右手に、四角いオレンジ色の電灯でSCHOOL BARと書かれたネオンサインがある。

【trip report】台北3日間レポートday2-3: 台湾のアートイベントを観戦?


今回台北に行くと決めて連絡した台湾の友人たち、みんなが私に勧めたイベントが『爆力的香蕉|Violence Banana』だった。開催されている場所、空場(Polymer)も最近様々なイベントが行われているようで気になる。いろいろと予定を流動的にして、台北2日目はまず本屋でブックスタジオの下北沢世代を訪れ、そのあと空場(Polymer)へ向かう。そういえば、昨日UNCOVERで会ったYAO, Chung-Hanが、「失聲祭はこれから空場に場所を移すよ」と言っていた。

シンガポールUjikajiのMark WongによるThe Observatory新作コメント対訳


シンガポールUjikaji Recordsのマネージャーで、The Observatoryの盟友、Mark WongによるTHE OBSERVATORY新譜『OSCILLA』に向けたコメント全文和訳。
The Observatory新作『OSCILLA』についての詳細はこちら
http://www.offshore-mcc.net/2014/09/release-infothe-observatoryoscilla.html
TOWER RECORDS ONLINE(日本版ライナーノーツ付き国内仕様盤) http://tower.jp/item/3709863
diskunion ONLINE(日本版ライナーノーツ付き国内仕様盤) http://diskunion.net/rock/ct/detail/AWY140904-OV1

“In the face of power, do you crumble /Or do you honestly express yourself?”

“あの力に向き合ったときお前は自ら散るのか?/あるいは、正直に自身を曝け出すか?”

【trip report】台北3日間レポートday1 - ノイズとテクノのパーティー「UNCOVER」へ

2014.9.6 sat UNCOVER会場

2012年8月、3週間ほど滞在していた台北。もうすっかりこの街と人に馴染んでしまった気でいたが、それからほどなくして起こった師大路のライブハウス「地下社會(UNDERWORLD)」の閉店、師大路周辺の環境の問題、まだまだ記憶に新しいひまわり学生運動、と、私にとって大きな動きがいくつもあり、自分と台北の距離を感じていたここ数ヶ月間だった。

【Release Info】The Observatory『OSCILLA』



Oscilla - The Observatory from The Observatory on Vimeo.

東南アジア孤高のオルタナティブ・ロックバンドThe Observatory。2013年来日ツアーでは、ヘヴィでサイケデリックなサウンドを聴かせてくれた。前作『Catacombs』から約2年半。中毒性のあるビートとノイズは、さらに彼らの音楽を原始的な表現へと導き進化させた。帯ライナー付国内仕様盤として日本で2014年10月1日リリース決定。日本仕様ライナーノーツではOffshoreによるバンド解説と以下の大友良英氏のコメント、全歌詞和訳を掲載。まずは、動画をぜひご覧下さい!