The way of Pairs from Shanghai; Pairs doesn't make money with selling CDs./CDを売らないバンドPairs、今一番上海でぶっ飛んだバンド


今回紹介するのは上海のバンドPairs。Dr&Voを担当するのはオーストラリア出身上海在住のXiao、Gtは上海生まれの女の子F。たった2人のまさに「Pairs」。2011年3月に1週間上海に滞在したときに知ったバンドだ。当時はJUEという上海・北京の2都市で開催されていた音楽・アートの祭典の真っ最中。音楽ライブの際にはJUE出演アーティストのコンピレーションCDが販売されており、そのコンピレーションにPairsも名を連ねていた。あるライブハウスの物販でそのCDを購入したとき、販売していたスタッフに「どのバンドがおすすめ?」と聞くと、「Pairsだね!」と答えてくれた。友人の上海駐在中の日本人も「Pairsは面白いバンドですよ!」と教えてくれ、私は上海でPairsのライブは見られなかったけれど強い興味を持っていた。日本に帰国してから、Douban(豆瓣)という、いわば中国のfacebookに登録し、PairsのDoubanページを「Like」すると、なんと直接PairsのXiaoが私にメッセージを送ってきた。


※中国大陸内では、facebookならびにtwitterは中国政府のインターネット検閲により閲覧することができない。その代わりに、中国大陸内でSNSとしてDoubanやWeiboが存在する。

Xiaoは、「PairsのページをLikeしてくれてありがとう!CDを送るから住所を教えて!」と。私は、「でも私は日本在住だから送料もかかるし無理なんじゃない?」と。すると、Xiaoは「世界のどこに住んでようがPairsの曲を聴いてほしいからCDを送るよ!それに僕たちはCDを売らずに配ってるんだから、まったく問題ないよ。CDを売ってお金にすることが目的じゃなくて、とりあえずPairsの音を聴いてほしいんだよね。」と。音楽の購入方法としてダウンロードがメインになる昨今、自分たちの曲を売るのではなく無料配布しているバンドがいるのか、しかも、著作権という認識が極端に薄い中国で……。と、なんだか感慨深かった。それからPairsのXiaoと何度かやり取りし、彼にメールでインタビューを試みた。今回の記事では上海のどうしようもなく狂った面白いバンド、Pairsのインタビューをお送りする。日本では賛否両論を呼びそうな「音源を売らない」スタイルだが、今の上海にこういった活動をしているバンドがいるという事実があるのも悪くはない。


I want to introduce Pairs from Shanghai. Pairs has only 2 guys. Xiao and F. Xiao is from Australia and lives in Shanghai. F is from Shanghai. I met Pairs on Douban as known SNS in China. I had clicked "Like" on their page then Xiao had sent a message to me. He said "Hey, I'll send CDs to you. Please tell me your address!". But I was afraid. He lives in Shanghai. I live in Japan. Does he know that I live in Japan? I sent a message that was like this, "Hey, I live in Japan, not in China. You'll spend money a lot to send CDs to Japan." Xiao said "No problem! Just I want you to listen Pairs music. I don't care about money. And I don't sell our CDs. It's free!". Amazing… I know the problem on the music industries which many people doesn't buy CDs. Especially there is a big problem of the copyrights of music in China. Is their way new style on indies music? I'm very interested in Pairs's way of thinking. So I tried to interview with Xiao from Pairs.

──Pairsはいつから活動しているの?また、Pairsを始める前は2人は何をしてた?
Pairsの最初のライブは2010年の4月。その数ヶ月から2人で練習し始めたバンドだね。まだまだ長い歴史のあるバンドじゃない。Pairsを始める前は、僕はFを探すのにベストを尽くしてた。一方Fは、僕を避けることに一生懸命だったよ。
──When did you start Pairs? What did you do before starting Pairs?

We played our first show in April 2010, and had been practicing together for a few months before that. We haven’t been around for a super long time.
Before starting Pairs, I was doing my best to find F and F was doing her best to avoid me.

──Xiaoがドラムとボーカル担当で、女の子Fがギターだよね?
そう。ドラムの僕(Xiao Zhong)の顔の前にマイクもあって、それに向かって物言ってる感じ。
──Xiao is playing drums and as a vocal. F plays guittar, right?
Yeah, that’s right. I (Xiao Zhong) also have a microphone in front of my face and say things in to it.

──XiaoとFはどこ出身なの?2人とも上海在住歴は長い?
僕はオーストラリア出身で、Fは上海っ子。Fはずーっと上海に住んでて、僕は上海に住み始めてまだ3年かな。
──Where are you and F from? Are you living in Shanghai long time?

I’m from Australia and F is a Shanghai girl. She’s been living in Shanghai her whole life and I’ve been in Shanghai for just under 3 years.

──XiaoとFは何歳?
僕は70歳ぐらいの年寄りの体に入れられた25歳。(注:Xiaoはどうやらヘルニアを患っているらしい。)Fが何歳なのかわからないんだよね。たぶん22か23歳。彼女は本当にミステリー。僕の方がバンドでは年長だね。
──How old are you and F?

I am a 25 year old trapped in a 70 year old’s body. I have no idea how old F is. Either 22 or 23. She’s a pretty big mystery. I am the old man of the band.

──よくどこでライブしてる?
一番よくライブするのはYuyintang(育音堂)だね。ライブするには最高の場所さ。でも上海にはもっとライブハウスが必要だと思ってる。この都市には2,200万人も住んでるのに、ライブできるハコが充分にないんだよ。
──Which live music house do you play often?
We have played Yuyintang in Shanghai the most. It’s a great place to play, but Shanghai needs more places. In a city of 22 million people, there really aren’t all that many place to play.

── XiaoがPairsでどういう歌詞を歌ってるのか教えて。
僕はあらゆる事について歌ってるかな。でもPairsの新しいアルバムでは、僕は自分の体についてよく歌ってることに気づいた。僕は自分の体に痛みをたくさん感じるようになって、まるで自分の体がバラバラに崩れるような気がしてるんだ。ちょうど、自分の体がちゃんと長期間働くように設計されてなくて、体の耐久年数をオーバーして長居しちゃってる感じ。というわけでこんな風に歌ってるかな、「俺の体は不思議の国じゃない」とか「俺はあまりに長い間ここにいてしまってる」とか。
──I want to know what are you singing. Can you tell me some lyrics from your songs?

I sing about a lot of different stuff, but on the new album I noticed I was singing mostly about my body. I have been feeling a lot more aches and pains and my body seems to be falling apart. Just feels like my body wasn’t really designed to be here for that long and I’ve overstayed my welcome, and as I sing in “my body is not a wonderland” “I’ve been here way too long”.


──このビデオすごく良いよね。これは自分たちで作ったの?あとこれに出てくる景色は全部上海かな? 
この曲の映像は全部僕の住んでる場所の近所なんだ。だから僕が自分の持ってるクソなカメラでめちゃくちゃ短いショットを撮って繋げたビデオ。どの風景も僕が毎日よく目にしてるもの。エレベーター、スーパーマーケットまでの道、階段、地下鉄とか。僕が年取ったら、「あのときこんなとこに住んでたっけ」と僕が思い出すのに良いビデオになるだろうね。
──I was impressed from this video. Cool! Did you make it yourself? Are these scenes only in Shanghai?

That song is about the neighbourhood I live in, so it’s all just super quick shots on my shit digital camera from my neighbourhood. Everything I pretty much see everyday. My elevator, walking to the supermarkert, stairs, the subway. It was more a video for me to watch when I’m older and remember what it was like to live there at that time. 


──じゃあ海外でのライブ経験は?香港でライブしてたのはyoutubeでチェックしたけど、他には?
Pairsは香港で2回ライブしたよ。他の国でもライブしたいね。でもほんと現実世界ってクソなことばかりつきまとうよね。仕事、時間、お金、(鉄板焼きレストランでのどうでもいいお誕生日とかもそう。)ビザとかもう全部…。
日本や韓国、東南アジアには心底行きたいと思ってる。ちょうど今はニュージーランドに行く計画を相談している最中だよ。でも知名度ないからね。もし誰かがPairsにオファーしてくれるなら、僕たちは実現できるようにベストを尽くすつもりだよ。
──Where have you played foreign country? I checked out your show in HK on youtube. anywhere else?

We’ve done Hong Kong twice, and whilst we’d love to play other countries – it’s the real world shit that gets in the way. Jobs, time, money, shitty birthday dinners at teppanyaki restaraunts, VISA’s and all that stuff. 
We’d love to go to Japan, Korea and South East Asia and right now we are talking about going to New Zealand, but who really knows? If someone gives us an offer, we’ll always do the best we can to make sure it happens.

──これからツアーする予定はや新しいCDを作る予定はある?
Pairsの新しいCDは9月下旬に出すよ。だからその後、フェスティバルやイベントに参加するつもり。それからまたレコーディングをするつもりだけど、そういうプランっていうものにはちょっと思うところがあって。ほんとshitなことなんだけど、僕は実際にやらないことについて話すのが大嫌い。人にとっての大きな問題だよね。舞台裏で「さあこれをやろうぜ、あれもやろうぜ」ってたわごと言ってても何も起こさなかったり。だから僕が考えるのは、プランは何かを作ること、そして人に会って、楽しむこと、それぐらいかな。
──Do you have any plan to go touring or recording new CD? or anything else?

Our new CD will be released late September, so we’ll be doing some shows and festivals around the place after that. Then we’ll record again and we have some ideas for that – it’s just a matter of getting shit done. I hate talking about stuff and not actually doing it, which is a huge problem with people. A lot of backstage bullshit like “let’s do this, let’s do that” but nothing ever happens. So I guess the plan is to make stuff, meet people and have fun.
 


──Pairsとしての夢は何?
僕らの夢は、持ち上げられたロックスターが存在しない世界。バンドはただ自分たちのTシャツを着て演奏してりゃ良くて、バカな化粧なんかしなくていい。そして短いセットリストでいい。決められたようなアンコールなんか用意せずに時間通りにライブをやればいい。音楽業界が「もっと多くの集客を」なんて一生叫ばなければ、バンドはただライブをやって自分たちの曲を演奏して、自ら楽しんで、ライブやり切ってステージを降りればいい。そうすればバンド自身もシリアスにならなくて済むんじゃないかな。
──What is Pairs' dream?

Our dream is a world with no rockstars. Bands who play with their t-shirts on and don’t feel the need for silly make up, who play short sets and don’t do bullshit encores and start on time. A world where “let’s wait for more people” is never said, and bands get on, play their stuff, have fun and get off and don’t take themselves too seriously.
>>>実はXiao、この8月中旬にプライベートで日本に旅行に訪れた。新大阪で会った彼も、なかなかぶっ飛んでいた。Xiao from Pairs!


interviewed by 山本佳奈子(Kanako Yamamoto)