解剖!台湾の雑誌「ビッグイシュー」2013.1.14 應典院

Offshore 2013年初のイベントが決定。
夏の『アジアのアートなおみやげ展』でも好評だったビッグイシュー台湾を主役に、中の記事を紹介、そしてビッグイシュー台湾編集部とネット中継。台湾で独自に作られるビッグイシューコンテンツと編集の方法論、さらには台湾の雑誌状況にも迫ります。ゲストは雑誌IN/SECTS編集長の松村貴樹氏。台湾好き、本・雑誌好きなみなさんのご参加お待ちしております!
台湾ビッグイシューバックナンバーの販売もありますよ。


ーシリーズ・あなたの知らない台湾ー
解剖!台湾雑誌「ビッグイシュー」




日時
2013年1月14日(祝日) ※Commons Festa期間内
16:30〜18:30

参加料
1,000円(定員40名)
※参加申込はこちら http://uemachi.cotocoto.jp/event/81960

場所
浄土宗大蓮寺塔頭 應典院(outenin) 研修室B
〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27
tel.06-6771-7641 / http://www.outenin.com

ファシリテータ
山本佳奈子(Offshore)

ゲスト
松村 貴樹(IN/SECTS編集長)http://www.insec2.com/

日中通訳
林品佑 RinRin

ネット中継ゲスト
THE BIG ISSUE TAIWAN 編集部 http://www.bigissue.tw/

※会場限定販売
THE BIG ISSUE TAIWAN バックナンバー(号・数量に限りがあります。)


THE BIG ISSUE TAIWAN 28号をなんとなくお見せします!

国際問題、時事、社会問題からアートカルチャーまで幅広く濃いコンテンツと、 斬新な表紙デザインで約300円。台湾で毎号2万部発行され、アート・カルチャーに敏感な若者の間で愛読者の多い月刊誌、THE BIG ISSUE TAIWAN。日本でも、グラフィック・デザイナーや雑誌ファンの間で知られる存在となってきた。では、台湾のビッグイシューの中身には、どんな記事が書いてあるのか?台湾出身、日中通訳家RinRinさんと一緒に読み解きます。また、編集部はどのように取材・編集しているのか?台湾のビッグイシュー編集部とSkype中継して公開インタビュー。ゲストには大阪を代表するカルチャー雑誌IN/SECTS編集長の松村貴樹氏を迎え、雑誌編集や出版事情に関する質問も投げていきます。

あなたの知らない台湾、お伝えします。


関連記事
Offshore: ビッグイシューを予習!イギリス発祥“ビジネスとしての社会問題解決策
『解剖!台湾雑誌ビッグイシュー』会場レポート
Offshore: 『解剖!台湾雑誌ビッグイシュー』で出た言葉リンク集