TOPIC: 台湾メディアアーティストYung-Ta CHANG個展開催中



台湾のメディアアーティストYung-Ta CHANG(張永達)の個展『Between Seen/Unseen(感知・交界)』が、台北市の国立台北芸術大学内に位置するKdMoFA Kuandu Musiam of Fine Arts(關渡美術館 - 略称KdMoFA)にて開催中。

会期は2012年12月28日〜2013年2月24日。
以下、KdMoFAオフィシャルサイトより一部を転載。

Taiwanese sound artist Yung-Ta CHANG's solo exhibition "Between Seen/Unseen(感知・交界)" is held at Kuandu Museum in Taipei National University of Arts. from 28th Dec 2012 till 24th Feb 2013.


Between Seen/Unseen—Chang Yung-Ta Solo Exhibition - Kuandu Museum of Fine Arts
How does the border area between “Seen” and “Unseen” look like? How should we interpret the messages conveyed across the boundary between “Seen” and “Unseen”? Moreover, how should we interpret the state of our body and senses when we are influenced by external environment and ambience?
Yung-Ta CHANG is a sound artist that very activity in Taiwan in recent year. His works take on a variety of forms such as Audio-Visual, experimental sound, installations and live performances. He focus and be skilled in observing the tiny change, being ignored phenomenon and sound in daily life, then represent the invisible signal and data via sound or visual installation in space. The devastating earthquake occurred on 11 March 2011 in Japan inspired this project, when the author was in Tokyo for artist-in-residence program. And from his contemplation of this natural disaster (earthquake), the threat of lethal radiation, and the information from mass media. This solo exhibition《Between Seen/Unseen》is the first piece of the series.
……

“見えるもの”と“見えないもの”の間のエリアはいったいどんなものなのだろうか?
“見えるもの”と“見えないもの”の境界にある、その双方に属さない地点から届くメッセージを、私たちはどう解釈するべきなのか?
さらには、外部の環境や雰囲気から影響を受けた際の、私たちの身体と感覚の状態はどのように解釈されるべきなのか?
Yung-Ta CHANGはここ数年の台湾で躍進するサウンドアーティストである。彼の作品は、オーディオ・ヴィジュアル、実験音楽、インスタレーション、ライヴパフォーマンスなどの多様な形態で発表される。ある事象の極僅かな変化。日常で無視されている現象や音。彼はそれらをサウンドまたはヴィジュアルインスタレーションを通して、目に見えない状態のシグナルやデータとして表現することに集中してきた。このプロジェクトは、彼が東京でアーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加している際に発生した、2011年3月11日のあの破壊的な地震に着想を得ている。自然災害(地震)、死を招く危険性のある放射能の脅威、そしてマスメディアからの情報。この個展『Between Seen/Unseen』はそれらに対する彼の熟考からのシリーズ作品の一片である。
……

Yung-Ta CHANG 張永達
http://changyungta.blogspot.jp


以下、Yung-Ta CHANGの作品ビデオ。
http://vimeo.com/changyungta


relativity +/- from Yung-Ta CHANG on Vimeo. (トーキョーワンダーサイト2011のアーティスト・イン・レジデンスプログラムで制作)



Trembling - Symphony 2.0 from Yung-Ta CHANG on Vimeo.


Signal.Flow 2.0 from Yung-Ta CHANG on Vimeo.


関連記事
骰子の眼 - webDICE:「台湾アート界にはコミュニケーションが必要」ローカルに根ざし、挑戦的。現実を見据え奔走する台湾のクリエイター達
Offshore: 台北ミニレポートpart2:連帯し、連動する。台湾のアートとアーティスト。